2010年2月9日に開催された IDC Japan株式会社主催

『Japan Storage Vision 2010』 での私 伊藤孝行の講演内容を

動画で公開しております。 講演動画はこちらへ


2013年01月04日

第89回箱根駅伝と総合力

DSC_4193

画像提供:小田原特派員 Bluemt.11さん

明治大学 7区 有村選手の雄姿


皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様のお正月の過ごし方はいかがでしょうか?私は年始挨拶を除いては、特段どこへも出かけずにおせち料理とお酒を楽しむスタイルが大好きです。最近、わが母校の明治大学が箱根駅伝で活躍しているので、例年にも増して箱根駅伝中継を楽しみにしております。

ここ数年に至るまではシード圏内にも予選会通過もままならなかった母校チームの活躍が見られるのは勿論気分的に盛り上がりますが、それ以上に駅伝というレース展開のダイナミックさに毎年見入っています。母校明治は8区辺りまでは総合優勝も狙えるという快進撃を見せてくれましたが、結果としては第7位となりました。

箱根駅伝の醍醐味、それはチームとしての総合力にあることを今年は特に感じました。昨年シード入りできなかった日本体育大学が、予選会トップを通して本番で総合優勝してしまいました。他校ながらこの快進撃には全く持って感動させてもらいました。

その日体大ですが、10区それぞれの記録を読売新聞のサイトで振り返りますと、区間賞(区間で1位)のタイムであったのは往路のたった1区間。往路は区間7位あたりも多く、復路後半は区間2位が続きました。さぞや区間3位以上辺りばかりかと思いきや、意外な結果ですね。10区ありますから、各区間で大きな凹みがなくコンスタントに上位タイムを刻んでいくという 『チーム全体のバランス』 が求められているのだと思います。

また、自分自身もランをやっているので良く判るのですが、自分一人の競技であっても当日緊張してお腹の具合が悪くなったり緊張に伴う寝不足による体調不良、練習での数々の故障や走りの仕上がり具合など、レース当日にベストコンディションへ持ち込むのがなかなか大変です。それを10区10人のトップアスリート達全員のコンディションを整え見極めなければなりません。今年の明治は8区まで3位で優勝〜2位まで狙えなくはない状況にありながら、9区の不幸な体調不良で大きく順位を落としました。それ位、一人一人のコンディション管理が難しい競技なのだと痛感します。

そのほか、現代の交通事情に伴う繰り上げスタートでの襷が繋がるかどうかや、10位以内シード権獲得をすれば来年には過酷な予選会を経ずに出場できるためのシード権争いなど、箱根駅伝には数々の見どころもあり、そこに筋書きのないドラマがあり毎年箱根駅伝ファンは感動させられます。

区間それぞれは個人競技なのですが、レース全体はチームプレー。そして繰り上げスタートやシード権の事など、良きに付け悪しきに付け 『連帯責任』 というのもなんとも日本風ですね。襷が繋がらなければ、後の走者は「参考記録」となってしまうことは頑張って練習をしてきた選手たちには気の毒極まりないのですが、このシステムがあるからこそ様々なレースのダイナミックさや感動を生んでいるのも事実。

母校明治は総合では残念な結果になりましたが、3位まで引っ張ってくれた選手たちや8区横手選手の一年生とは思えないアグレッシブな走り、9区松井選手の中継所直前の体調不良でもキッチリ襷を繋いでくれた感動シーン、10区北選手の辛い気持ちを背負いながらのアンカーラン等々、とても熱い走りと感動をそれぞれのシーンで与えてくれて本当に感謝しています。7位に落胆せず、しっかりとシード圏内に留まり来年への切符を手にしてくれたチームメンバーに大きな拍手を送りたい気持ちで一杯になりました。


『勝ちに不思議な勝ちあり 負けに不思議な負けなし』


この言葉はプロ野球の野村克也元監督の言葉として目にしていましたが、よく調べると江戸時代後期の平戸藩主、松浦静山の言葉だそうです。勝った時には外的要因によって勝利することがあっても、負けには必ず負けた理由がある、ということでしょう。「失敗は成功の母」よりも気持ちに響く言葉です。例え我が身に悪い事が降りかかって来たとしても、それに落胆するのではなくそこから何を学ぶか、私自身も40を過ぎて意識している事です。今年の明大競走部メンバーにも是非何かを学びとって貰えればと思います。


posted by ハリー伊藤 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(1) | ラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/311391465
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

箱根駅伝の視聴率 往路は29・1%、復路は27・9% なお、関西では15・1%、15・4%
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/01/04(金) 11:13:53.85 ID:PkdRPDN20 ?BRZ(10001)箱根駅伝往路は29・1% 関東の視聴率 復路は..
Weblog: 【2ch】ニュース速報嫌儲版
Tracked: 2013-01-04 18:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。