2010年2月9日に開催された IDC Japan株式会社主催

『Japan Storage Vision 2010』 での私 伊藤孝行の講演内容を

動画で公開しております。 講演動画はこちらへ


2014年02月28日

Tucson, Silicon Valley #5


以上、到着日と出発日を除くと都合4日間の行程を無事終え、ただ今帰国便の機上で今回のツアーを振り返っております。これまで何度も北米へは仕事で往訪させていただいておりますが、以前はカンファレンスや展示会参加もしくはセールストレーニングやミーティングが中心で、今回のようにビジネスパートナーさんと社内Globalスタッフとのブリーフィングアレンジは初めての経験でした。

ツアーガイド役は以前のアクティビティで何度も経験しているので手馴れたものでしたが、今回のようなブリーフィングについては準備8割・実行2割といった力配分が成功のための重要な要素であることを痛感しました。出発前に、各ブリーフィングリーダーや登壇者との電話会議によるツアーの主旨説明や欧米と日本でのビジネスパートナー様とのビジネス体系差異を伝えるなど、初めてであるが故に苦労もありましたがお陰で私自身としてもGlobalスタッフとのコミュニケーション手法や留意点という知見が得られました。

一番気になったことは、ビジネスパートナー各社様を紹介するにあたり「reseller」と言及してしまうと誤解が生じる場合があるということ。「reseller」と言ってしまうと、単なるディストリビューションパートナー(提案・構築等を伴わない単なる再販行為のみ)をGlobalスタッフに印象付けることがあるようです。


日本での現在お付き合いのあるビジネスパートナー各社様は、IBMと協業はするもののご自身でシステムインテグレーションもされますし提案書も書き起こされている「エンドユーザー対面の提案型ビジネス」をされています。事前電話会議と各ブリーフィングの冒頭には改めてその旨を数枚の資料を使って英語にて説明することによって誤解が解け、スムーズな準備と当日の進行を勝ち得ることができました。


なかなかこういったニュアンスの違いは現場で経験してみないと判らない部分であり、今回の経験では戸惑いも途中あったものの自分自身にとって大変良い経験となりました。改めて『ビジネスは表現力』であることも再認識したツアーのお手伝いでした。


13人のツアーメンバーの帯同者が、当初は私含め2名だったところが1名になったりと諸所多難な状況もありましたが、終わってみればメンバーの皆様も自分自身も新たな知見が得られましたから、この一期一会に感謝であります。画像は、そのツアーメンバーの皆様と行程中の夜に部屋呑みで空けた酒瓶達。ご参加いただいた皆様には、新たなビジネスの側面について見つめなおすきっかけになっていればと願う次第です。


posted by ハリー伊藤 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレージ業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390238697
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。